身振りに問題を感じられている場合

 看護師が仕事をする上で、常に第一印象が需要だと言う意識を持つ必要がある。コミュニケーションによって患者の情報を引き出すのが重要な仕事の1つだからであり、初対面の人に与える印象が悪くならないように常に意識しなければならない。
 綺麗な言葉遣いを気を付けるように努力を重ねてきたものの、なお良い印象を与えられずに困る看護師も少なくはないだろう。うまくいかない理由として多いのが、会話をする前に第一印象が既に決まってしまっている可能性を考慮していないからである。患者の前に現れる前の身振りだけで、どのような人かと判断されてしまっている事は多い。また、話をしている時に言葉遣いは丁寧で良いと判断されても、その時の目線や仕草によって言葉遣いは上辺だけのものだと判断されてしまう事もある。たった1つの身振りが印象を大きく変える事がある点は意識しておかなければならない。
 患者の視界に入った時には、既にどのような看護師かと吟味されていると考えた方が良いだろう。あまりプレッシャーに感じてしまうと自分を潰してしまう事になりかねないが、努力を続けてきたのにうまくいかないと言う時にはこのような意識が重要になる。

 まずは、普段の身振りから良い印象を与えられるように心掛けると問題は解決されるだろう。言葉遣いと言った、他の看護師が問題として抱えてしまいやすいものを既にクリアしているのなら、ちょっとした心掛けをするだけですぐに看護師として良い第一印象を与えられるはずだ。