第一印象で決まる個人のクリニック

 看護師にとって就職や転職で大きな関門となるのが採用面接であり、十分な対策をして臨む事が多い。想定される質問に対して適切な回答を準備しておき、スラスラと話せるようにして面接に挑む人が多いだろう。
 大半の職場については、その内容によって採用の可否が決まる。少しでも悪い印象を与えるような応答をしてしまうだけで落とされてしまう場合もあるので、注意しなければならない。ところが、志望している職場によっては、第一印象だけでほぼ決まってしまう場合もある。第一印象が重要なのはどの職場の採用面接でも同じ事であるが、それが決定打になる事はあまり多くはない。しかし、個人のクリニックでは、それだけで決まってしまう事も稀ではないのが現状である。
 個人のクリニックの場合に看護師が求められているのは、即戦力になる経験と付き合いやすい人柄である事は覚えておくと良いだろう。履歴書に記載されている経歴を見れば、即戦力と判断するのに十分かどうかはおおよそ分かる。そのため、採用面接で見られているのは人柄であり、既に雇用している医師や看護師たちが付き合いやすいかを直接判断して採用の可否を決める事になるのである。

 どのような人柄かを判断する上で第一印象の影響力は大きく、服装や最初の身振り手振りなどだけでもう心が決まってしまう場合も稀ではない。個人のクリニックを志望して採用面接を受ける時には、終始一貫して付き合いやすさを重視した態度を取るのが重要である。